マインド

貯金と節約家の”いい人”ほどお金に嫌われる理由

皆さんこんにちは。
今回は、『貯金と節約家の”いい人”ほどお金から嫌われる理由』
についてお話していきたいと思います。

『「いい人」をやめれば人生うまくいく』午堂登紀雄氏

「万人に好かれるように行動する”いい人”の人生は、窮屈で不自由で、つまらない!」と説く、午堂登紀雄氏の書籍、『「いい人」をやめれば人生はうまくいく』の本を参考に
今回の表題、”いい人”ほどお金に嫌われる理由について
一緒に見ていきたいと思います。

著者は、会社員時代から不動産投資で資産を築き、会社経営者を経て、現在はコンサルタントやビジネス書作家として活躍する午堂登紀雄さんです。

私自身、知っておいて損はない
お金に対する考えた方が学べるのでお勧めします。

”いい人”はお金の話をしたがらない

お金の話をすると人は嫌がります。

なぜでしょうか。

お金は”いやらしい話”だと人は思うからです。

しかし、
”いい人”ほどお金の話をしません。

理由は先ほども述べたように
人からいやらしいと思われるのが嫌だから。

しかしながら、お金の話をしなければ
どのようにお金
についての知識も増えません。

そして、
“いい人”は失敗を恐れるため
挑戦もしません。

そのため、一番安全な貯金・節約という選択をして
お金を守ろうとします。

”いい人”はお金の話をしたがらない

”いい人”ほどお金の話をしたがらない。

お金の話は嫌らしい話だから
そのような話はしたがらないのです。

分かります。
私も人から好かれたいと思ったとき
お金の話は下世話な気がして
あまり好んで話さなかった時もありますから。

しかし、
お金=稼ぐことは悪いことなのでしょうか?

答えは”NO”です。

稼ぐことは悪いことではありません。

稼ぐということは
『困っている人』を助け
その感謝の代価としてお金を頂くこと。

あなたが世の中で貢献している代価として
金銭を得ているのです。

そのため、お金自体に罪もなければ
いやらしさを感じる必要はないんです。

お金は幸せになる『道具』でしかありません

あなたは何のために
稼ぎ貯金をし節約をしますか?

よく人が陥りがちなことが1つあります。

”本来、私たちが人生の主軸であるはずが
お金がその座を奪い、主軸がお金になってしまうということ。”

『お金持ちになりたい』

いいですね。

でもそれはなぜでしょうか。

様々な回答が出てくるでしょう

・お金で悩みたくないから
・家族を幸せにしたいから
・借金を無くしたい
・素敵な旅行に行きたい
・家を建てたい

お金は”貯めることが目的”となってはいけません。

あくまでお金は
あなたの幸せになるツールでしかないのです。

そのため、お金は貯めることが目的ではなく
より幸せな人生を送るために自己投資など
有効的なものに使うというシフトチェンジが必要です。

『貯めよう』から『稼ごう』と考え方を変えてみる

お金を持っている人の特徴は何でしょうか。

それは

お金を『貯めよう』とせず
『稼ごう』とする姿勢にあります。

『稼ぐ』ということは
困っている人を助けその代価として
お金を頂くということ。

『貯める』という行為は
自分だけの満足にとどまる行為。

そのため、
お金を稼ぐことは人を助けることができる
かつ
自分にも対価が入ってくるという仕組み。

先ほども伝えましたが
稼ぐことは罪ではありません。

少しずつ『稼ごう』という考え方にシフトチェンジし
セミナーや本を買って読むなど
自分のためになることへの先行投資をすることが
できることの一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、
いい人ほど
お金に嫌われてしまう
という題でお話してきました。

私自身、お金を沢山持つと
人から嫌われるからいやだなあなんて
思ったこともありますが、

今回のこの知識がとても勇気づけられました。

”お金を稼ぐことは罪ではない”
”貯金していることこそが自己満足に終わってしまう行為”

私もあなたも、
自分らしさを大事にしつつ
『貯める』から『稼ぐ』に
考え方を少しずつシフトチェンジしていきましょうね。